ストレス社会と言われる現代において、睡眠障害を抱えている人は非常に多くいます。日々の生活に追われ、プライベートな時間を取ることも出来ない社会人は、睡眠に対する意識が薄くなってしまいがちです。また、不眠や睡眠時無呼吸症候群など、さまざまな睡眠障害がありますが、本人では気付けない病気もあるため、患ってしまっていることすらわかっていないケースもあります。睡眠の質の向上は仕事に対してはもちろんですが、プライベートを充実させるためにも欠かせないものであり、現代社会において睡眠障害に対する治療は、ますます求められています。従来、内科や診療内科、神経科などで睡眠の治療を行っていましたが、近年では睡眠外来やスリープクリニックといった、睡眠専門の診療科も増えてきています。

特に看護師という職業は、夜勤や交代勤務などで、生活リズムを一定に保つことは難しく睡眠に対してデリケートにならなくてはいけません。毎日決まった時間に寝ることができない職業であるため、睡眠に関する病気にかかってしまうリスクがあります。特に睡眠前の行動は大事で、寝る前にコーヒーを飲んだり、PC作業をしたりするのは好ましい行為ではありません。

もし、自身の睡眠で困っている看護師は、睡眠外来で働いてみるといいでしょう。夜勤の必要がない睡眠外来クリニックを選ぶことをおすすめします。睡眠障害に関する知識について働きながら身につけられるために、自分自身の健康管理や生活を改めることに大いに役立ちます。また、睡眠は誰もが深く関わる内容なので、家族や知人にアドバイスすることもできます。